ホーム  >  ISSについて  >  CSR

ISSについて about

CSR

ISSグループでは、「社会に貢献する」ことをミッションに掲げ、CSR活動に取り組んでおります。

一般事業主行動計画

次世代育成支援

次世代育成支援対策推進法に基づき、仕事と子育ての両立を図ることができる雇用環境の整備を行うため、次の「一般事業主行動計画」を策定しております。

【計画期間】

2017年4月1日~2020年3月31日までの3年間

【内容】

目標1 所定外労働を削減するため、ノー残業デーを設定し、実施する
対策 ノー残業デーの実施、社内イントラによる社員への周知(毎週)
目標2 育児休業後に原職または原職相当職への復帰のための業務内容や業務体制の見直しを図る
対策 育児休業復帰対象者に対し、原職または原職相当職への復帰のための体制図・業務内容について書面で通達
目標3 育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知
対策 社員の具体的なニーズ調査、育児・介護休業法に基づく諸制度の調査後、制度に関するパンフレットを作成し、社員に掲示板で周知

女性活躍推進

女性の職業生活における活躍を推進するため、雇用環境を整備するにあたり、次の「一般事業主行動計画」を策定しております。

【計画期間】

2019年4月1日~2021年3月31日までの2年間

【内容】

目標1 年次有給休暇の取得の促進を行う
対策 ① 有給休暇の取得率などの情報を管理者・従業員へ毎月提供し、年次有給休暇の取得を促す
② 繁忙期、閑散期の実態に合わせた有給休暇の取得計画を各部署で作成し、実行する
目標2 2021年3月31日までに育児・介護目的に限らず、フレックスタイムや在宅勤務制度等の柔軟な働き方の選択肢を増やす取組を行う
対策 ① 各部署・職種毎の現状及び課題調査
② フレックスタイムや在宅勤務制度等のトライアル運用を行う
目標3 管理職に占める女性割合を30%以上とする
対策 ① 女性がより高度な知識・スキル等を身につけるための研修の実施
② 管理職手前の女性社員を対象としたキャリア意識の醸成、管理職養成等を目的とした研修の実施

社会貢献

通訳者・翻訳者の職業インタビュー

通訳者・翻訳者養成スクールのアイ・エス・エス・インスティテュートでは、職場見学などによる「小中高生に向けたキャリア教育推進」の一環として、学生の方へプロの「通訳者・翻訳者」を紹介し、職業インタビュー等を体験していただくことで、「通訳・翻訳」の職業としての魅力や社会的役割を理解・認識していただく活動を実施しています。

東北の被災地へ支援物資

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被害を受けた被災地へ、Amazon.co.jpの「たすけあおうNippon」支援システムを通じて支援物資をお送りしました。

宮城県東松島市図書館 書籍の寄付
宮城県女川町と石巻市の仮設住宅への支援 生活用品(ホッカイロ、カップラーメン)

支援先よりお礼のメッセージをいただきました。少しでも多くの方に元気になっていただけるよう、引き続き復興支援を続けて参ります。

東松島市図書館より御礼状と市報「ひがしまつしま」

東松島市図書館より御礼状と市報「ひがしまつしま」