ホーム  >  ISSについて  >  CSR

ISSについて about

CSR

ISSグループでは、「社会に貢献する」ことをミッションに掲げ、CSR活動に取り組んでおります。

一般事業主行動計画

次世代育成支援

次世代育成支援対策推進法に基づき、仕事と子育ての両立を図ることができる雇用環境の整備を行うため、次の「一般事業主行動計画」を策定しております。

【計画期間】

2020年4月1日~2022年3月31日までの2年間

【内容】

目標1 2022年3月までに2020年3月末時点の総残業時間を年度ごとに100時間削減
対策 ●2020年4月~ 上長が残業時間/月間45時間以上の超過勤務者にヒアリングを行い、次月以降の対策を管理部へ提出する
●2020年4月~ 部署ごとに残業時間を公表し、問題点の検討及び研修の実施
目標2 在宅勤務制度、フレックスタイム制度の導入による働き方の見直し及び整備
対策 ●2020年4月~ フレックスタイム制度を導入し、より多様で柔軟な働き方を促進する
●2020年4月~ 在宅勤務制度の立案及び導入を行う

女性活躍推進

女性の職業生活における活躍を推進するため、雇用環境を整備するにあたり、次の「一般事業主行動計画」を策定しております。

【計画期間】

2021年4月1日~2023年3月31日までの2年間

【内容】

目標1 一般職のキャリアアップに向けた研修受講率を男女とも60%以上とする
対策 ① キャリアアップに必要な研修を洗い出し、キャリアアップ研修として企画する
② 各業務の閑散期を把握し、「研修受講推進月間」を指定し社内啓蒙する
② キャリアアップ研修の受講率を半期毎に集計する
目標2 全社員の平均有給休暇取得率を 60%以上とする
対策 ① 管理職が率先して有給休暇を取得できるよう、経営会議にて啓蒙する
② 有給休暇の取得率などの情報を管理者・従業員へ毎月提供し、年次有給休暇の取得を促す

社会貢献

通訳者・翻訳者の職業インタビュー

通訳者・翻訳者養成スクールのアイ・エス・エス・インスティテュートでは、職場見学などによる「小中高生に向けたキャリア教育推進」の一環として、学生の方へプロの「通訳者・翻訳者」を紹介し、職業インタビュー等を体験していただくことで、「通訳・翻訳」の職業としての魅力や社会的役割を理解・認識していただく活動を実施しています。

東北の被災地へ支援物資

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被害を受けた被災地へ、Amazon.co.jpの「たすけあおうNippon」支援システムを通じて支援物資をお送りしました。

宮城県東松島市図書館 書籍の寄付
宮城県女川町と石巻市の仮設住宅への支援 生活用品(ホッカイロ、カップラーメン)

支援先よりお礼のメッセージをいただきました。少しでも多くの方に元気になっていただけるよう、引き続き復興支援を続けて参ります。

東松島市図書館より御礼状と市報「ひがしまつしま」

東松島市図書館より御礼状と市報「ひがしまつしま」